ドロップシッピング会議の内容 1

徹底解決DS(ドロップシッピング)会議!で話したことを簡単にまとめていきます。

1.ドロップシッピングの現状
2.ドロップシッピングのサイトの分類
3.ドロップシッピングの今後

という順に話しました。

1.ドロップシッピングの現状
海外では既にかなりの数のドロップシッピング関連のサイトがあり、市場規模も大きなものとなっている。

カフェプレスだけで年間30億円以上売り上げている(このページから推定)
2000年には30%以上のインターネットの専門小売サイトがドロップシッピングを活用している。(ちなみにアメリカのECの市場規模は2005年の時点で2兆円)ASPを介さずに、メーカーとショップが直接契約してやりとりしているケースも含まれているようです。

稼いでいる人はASPに登録されている商品を売るのではなく、自らメーカーと交渉して商品を提供してもらっている。
ドロップシッピングを使ったECサイトをアフィリエイトやリスティング広告を使って集客する例も出てきている。
(ここらへんは海外の「はてな」や「OKWAVE」のようなサイトを見ると結構議論されてます。)

日本ではまだサイトが少ない。オリジナル商品を作るサイトはたくさんあるが、無料で登録してたくさんの商材を自由に販売できるASPはまだオープンしていない。(ドロップシッピングという名前を使わずに同じような機能を提供しているサイトはあります)どこもプレスリリースよりもサービス開始が遅れていて、これからオープン予定のところが多い。


※アメリカでの市場規模に関してはこちらを参照しました。
そのうち訳してまとめたものをアップします。
http://retailindustry.about.com/library/weekly/aa000718a.htm

続きはこちらからどうぞ
DS会議の内容 2 〜ドロップシッピングのサイトの分類〜


ランキングご協力お願いします
この記事へのコメント
ごぶさたしてます。
若草です。
DSのイベントがあったようですね。
残念ながら参加できませんでした。

また機会があれば、ぜひ参加したいです。
よろしくお願いします。
Posted by waka at 2006年08月12日 20:29
>wakaさん

ご無沙汰しております。
また同じようなDSのイベントを開催しますので次回は参加してください!

今後ともよろしくお願い致します。
Posted by ドロップシッパー at 2006年08月14日 09:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22262057
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ドロップ・シッピングの現状
Excerpt: 昨日のドロップ・シッピング会議に出席して 先行するアメリカの状況や日本のASPの最新情報 が得られました。 以前に書いたように 在庫を持たず、配送作業無しで、メーカー直送という リスクが無いからといっ..
Weblog: 本領発揮
Tracked: 2006-08-12 20:08

ドロップシッピング会議に出席しました
Excerpt: ↑↑ (言い訳:六本木ということでなぜかアマンド、けやき坂テラスの写真を撮り忘...
Weblog: ものぐさ主婦のアフィリエイトブログ
Tracked: 2006-08-12 21:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。